テイラー・スウィフト歌詞和訳『We Are Never Ever Getting Back Together』

taylor

スポンサーリンク

プロフィール

テイラー・スウィフトは立て続けにヒット作を連発しているヒットメーカーです。自身の体験に基づき歌詞が多く、テイラー・スウィフトと付き合ったら歌詞にかかれるぞというようなジョークがあるほど。世界一の女性歌手と言っても過言ではありません。

“We Are Never Ever Getting Back Together”  TAYLOR SWIFT

I remember when we broke up the first time
私たちが初めて別れたときのことは覚えているわよ
Saying, “This is it, I’ve had enough,” ‘cause like
今と同じよ。もう十分。

We hadn’t seen each other in a month
だって1か月近くも会ってなかったのよ
When you said you needed space. (What?)
あなたはもう一緒にいられないって言ったわよね(何それ?)

Then you come around again and say
そしてまたあなたは戻ってきてこう言ったのよ
“Baby, I miss you and I swear I’m gonna change, trust me.”
「君が恋しいよ。信じてくれ、絶対に変わるって誓うから」

Remember how that lasted for a day?
それが1日しか続かなかったの覚えているの?
I say, “I hate you,” we break up, you call me, “I love you.”
だから私は「あなたなんて嫌い」って言って別れたのよ、でもあなたは電話越しに「愛してるって」

Ooh, we called it off again last night
でも昨夜も別れたわよ
But ooh, this time I’m telling you, I’m telling you
今度こそ私は絶対にあなたにこう言うわ

We are never ever ever getting back together,
私たちは絶対によりを戻さわないわよ
We are never ever ever getting back together,
絶対によりは戻さないんだから

You go talk to your friends, talk to my friends, talk to me
あなたが友達に話して、その友達が私の友達に話して、私によりを戻すように言うけど
But we are never ever ever ever getting back together
私たちは絶対によりを戻したりしないんだから
Like, ever…
前のようにはね

I’m really gonna miss you picking fights
あなたと喧嘩をするのが恋しくなるわ
And me falling for it screaming that I’m right
そして私が正しかったって叫ぶのもね

And you would hide away and find your peace of mind
あなたがどこかに逃げ隠れて心を落ち着かせるのもね
With some indie record that’s much cooler than mine
私の曲よりもずっといいインディーレコードを聴きながらね

Ooh, you called me up again tonight
あなたは今夜また私を呼び出したわね
But ooh, this time I’m telling you, I’m telling you
でも今回私はこう言うのよ

We are never, ever, ever getting back together
私たちは絶対によりを戻したりしないんだから
We are never, ever, ever getting back together
絶対によりを戻したりしないんだから

You go talk to your friends, talk to my friends, talk to me (talk to me)
あなたは友達に話して、その友達が私の友達に話して、私によりを戻すように言うけど
But we are never ever ever ever getting back together
私たちは絶対によりを戻したりしないんだから

Ooh, yeah, ooh yeah, ooh yeah
Oh oh oh
I used to think that we were forever ever
私たちは永遠に一緒なんだって以前は思ってたわ
And I used to say, “Never say never…”
そして私は自分にこう言ったのよ「絶対離れない」って

Uggg… so he calls me up and he’s like, “I still love you,”
彼は電話してきて「まだ君を愛している」みたいなことを言うのよ
And I’m like… “I just… I mean this is exhausting, you know, like,
私は「もううんざりなのよ、わかるでしょう

We are never getting back together. Like, ever”
私たちは絶対によりを戻したりしないんだから。今回は本気よ」みたいなことを言ったのよ

No!
絶対によ!
We are never, ever, ever getting back together
私たちは絶対によりを戻したりしないんだから
We are never, ever, ever getting back together
絶対によりを戻したりしないんだから

You go talk to your friends, talk to my friends, talk to me (talk to me)
あなたは友達に話して、その友達が私の友達に話して、私によりを戻すように言うけど
But we are never ever ever ever getting back together
絶対によりを戻したりしないんだから

You go talk to your friends, talk to my friends, talk to me (talk to me)
あなたは友達に話して、その友達が私の友達に話して、私によりを戻すように言うけど
But we are never ever ever ever getting back together
絶対によりを戻したりしないんだから

“We Are Never Ever Getting Back Together” TAYLOR SWIFT歌詞和訳ポイント

break up

「別れる」という意味です。

this is it

「これが最後」と訳します。普通は「これですよ」として訳します。文脈に応じて柔軟に使ってみてください

I’ve had enough

「もううんざり、十分、たくさん」の意味です。よく使われるし、すぐに使えるのでこのまま覚えてください

I need a space

「1人になりたい」という意味です。spaceは「空間」という意味で「空間が必要」→「1人になりたい」ということです。恋人同士で使われたときは「別れたい、一緒にいられない」という意味になります。

pick fights

「喧嘩を売る、揚げ足をとる」という意味です。

exhausting

「ものすごく疲れる、うんざりする」です。よく使われるのがI’m exhaustedでこれはI’m very tiredと同じ意味です。

“We Are Never Ever Getting Back Together”  TAYLOR SWIFT曲解説

日本でも大人気のこの曲は英語を学ぶのにもピッタリですね。比較的テイラー・スウィフトの曲は聞き取りやすい歌が多いです。今回紹介した曲は女性(おそらくテイラー)が彼氏(当時の彼氏ジェイク・ジレンホールと思われる)とくっついたり離れたりしたけど、もううんざりってなっちゃった歌ですね。
キャッチーなメロディーが頭に残る歌です。

スポンサーリンク