クイーン歌詞和訳『Bohemian Rhapsody』

bohemian

スポンサーリンク

プロフィール

説明する必要もない伝説のバンドQueenです。
今回紹介する曲は話題の映画『スーサイド・スクワット』の公式予告に使われている曲なので耳にした方も多いかもしれません。

“Bohemian Rhapsody” – Queen

Is this the real life?
これは現実なのか?
Is this just fantasy?
それともただの空想?

Caught in a landslide,
がけ崩れにあったみたいだ
No escape from reality.
現実からは逃げようがないな

Open your eyes,
目を開けろよ
Look up to the skies and see,
空を見上げて見てみろよ

I’m just a poor boy, I need no sympathy,
俺はただの可哀想な少年さ、同情なんていらないぜ
Because I’m easy come, easy go,
簡単に手に入るものは、失いやすいからさ

Little high, little low,
少し気分がいい時もあれば、悪い時もある
Anyway the wind blows doesn’t really matter to me, to me.
とにかく風が吹いたところで、僕には問題じゃないんだ

Mama, just killed a man,
ママ、人を殺してしまったよ
Put a gun against his head
彼の頭にピストルをつけてね
,
Pulled my trigger, now he’s dead.
トリガーを引いたんだ、そして彼は死んでいる
Mama, life had just begun,
ママ、人生は始まっていたばかりなんだ

But now I’ve gone and thrown it all away.
でももう終わったよ。僕は自分の手で人生を捨てたんだ
Mama, ooh,
ママ、お願いだよ

Didn’t mean to make you cry,
ママを泣かすつもりはなかったんだ
If I’m not back again this time tomorrow,
もし僕が明日のこの時間に戻ってこなかったら

Carry on, carry on as if nothing really matters.
何も起きなかったように今まで通りの生活を続けてね
Too late, my time has come,
遅すぎたよ、もう時間が来ちゃった

Sent shivers down my spine,
背筋がぞくぞくしたよ
Body’s aching all the time.
いつも体が痛むんだ

Goodbye, everybody, I’ve got to go,
じゃあね、みんな、もう行かなくちゃ
Gotta leave you all behind and face the truth.
みんなと別れて真実と向かわなくちゃいけないんだ

Mama, ooh (anyway the wind blows),
ママ(どちらにせよ風が吹いている)
I don’t wanna die,
死にたくないよ

I sometimes wish I’d never been born at all.
時々生まれてこなければよかったのにって思うんだ
I see a little silhouetto of a man,
小さな男のシルエットが見えるよ

Scaramouche, Scaramouche, will you do the Fandango?
スカラムージュ、スカラムージュ、ファンダンゴを踊ってくれないかい?
Thunderbolt and lightning,
雷鳴と稲妻が

Very, very frightening me.
とても僕を怖がらせるんだ
(Galileo) Galileo.
ガリレオよ

(Galileo) Galileo,
ガリレオよ
Galileo Figaro
ガリレオ・フィガロよ

Magnifico.
高貴な人よ
I’m just a poor boy, nobody loves me.
俺はただの可哀想な少年さ、誰からも愛されていない

He’s just a poor boy from a poor family,
彼は貧乏な家族を持った可哀想な少年さ
Spare him his life from this monstrosity.
彼をこの怪物から救ってやってくれ

Easy come, easy go, will you let me go?
気ままに来て、気ままに出ていく、俺を行かしてくれないか?
Bismillah! No, we will not let you go. (Let him go!)
ビスミーシャ!お前は行かせない(彼を行かせろよ!)

Bismillah! We will not let you go. (Let him go!)
ビスミーシャ!お前は行かせない(彼を行かせろよ!)
Bismillah! We will not let you go. (Let me go!)
ビスミーシャ!お前は行かせない(彼を行かせろよ!)

Will not let you go. (Let me go!)
お前は行かせない(行かせてくれよ!)
Never, never let you go
決して、決してお前は行かせない

Never let me go, oh.
決して俺を行かせないのか
No, no, no, no, no, no, no.
ダメだ、ダメだ、ダメだ、ダメだ

Oh, mama mia, mama mia (Mama mia, let me go.)
ママ、ママ僕を行かせて(ママ、僕を行かせてよ)
Beelzebub has a devil put aside for me, for me, for me.
ベルゼブブは僕の元へ送る悪魔をもう用意しているんだ

So you think you can stone me and spit in my eye?
お前は俺に石を投げつけたり、俺の目に唾を吐きかけたりできると思っているのか?
So you think you can love me and leave me to die?
お前は俺を愛しそして見殺しにできると思っているのか?

Oh, baby, can’t do this to me, baby,
ああ、君はぼくにそんなことできないさ
Just gotta get out, just gotta get right outta here.
ただ出ていけ、今すぐに出て行ってくれ

(Oh, yeah, oh yeah)
Nothing really matters,
問題なんて何もないさ
Anyone can see,
誰も見ることができない

Nothing really matters,
何も問題ないさ
Nothing really matters to me.
僕にはどうだっていいんだ

Anyway the wind blows.
とにかく風が吹いているよ

“Bohemian Rhapsody” – Queen歌詞和訳のポイント

poor

「貧しい、可哀想な」という意味があります。よくpoor you「可哀想に」という意味で日常会話で使われます。

easy come, easy go

「得やすいものは失いやすい」という意味です。英語のことわざです。

it doesn’t matter to me

「僕には関係ない、どうだっていい」という意味です。よくit doesn’t matterで使われるので覚えておきたいフレーズです。またit doesn’t matter if~という形でも使われます。

throw away

「~を捨てる」という意味です。

carry on

「~を続ける」という意味です。歌詞ではas if~と続いています。As if~ は「まるで~のように」です。

ache

「鈍い痛み」を表します。例えばheadache 頭痛やstomachache腹痛ように体内が鈍く痛むことを表現するときに使います。ちなみにheartacheは「胸が痛む」です。

thunderbolt

「落雷」です。

lightning

「稲妻」の意味です。ちなみにハリー・ポッターの額にある傷はthe lightning-bolt scarと言えます。

“Bohemian Rhapsody” – Queen曲解説

かなり難しい曲ですね。正直翻訳するのも疲れました。ただ単語解説であげたように、英語学習に役立つフレーズや単語もあるので勉強にも役立ちます。
曲の解釈も多くの議論がされているので答えは分かりません。私の考えでは少年が人を殺してしまった。その少年は同情を全くしないおそらく宗教的なグループ(神・ビスミーシャから成る)陪審員たちを前に弁護を行っていることです。しかし小さなコーラス、歌詞中の()の部分はそんな少年に同情を表しているように思います。歌詞の本当の意味はフレディだけが知っていたということです。なので真の意味はこれからも答えが出ることは決してないでしょう。
曲はバラードから、ギターのソロ、オペラ、そしてハードロックと様々な種類が混じった本当に素晴らしい音楽です。「スーサイド・スクワット」の映像とも絶妙にマッチしていてかっこいいですよね。

スポンサーリンク