キース・アーバン歌詞和訳『Somebody Like You』

kieth

スポンサーリンク

“Somebody Like You” Keith Urban

[Verse 1] There’s a new wind blowing like I’ve never known
I’m breathing deeper than I’ve ever done
And it sure feels good, to finally feel the way I do
I want to love somebody
Love somebody like you
今まで感じたことがなかったような風が吹いている
今までよりも深い深呼吸をするのさ
当然気持ちは良い、遂に感じたんだ
誰かを愛したい
君のような人を愛したい

And I am letting go of all my lonely yesterdays
I’ve forgiven myself for the mistakes I’ve made
Now there’s just one thing, the only thing I want to do
I want to love somebody
Love somebody like you
僕は過去の孤独を感じなくなったんだ
僕が犯した間違いを許すのさ
僕がしたいことは今では1つだけ
誰かを愛したい
君のような人を愛したい

[Hook] Yeah, I want to feel the sunshine
Shining down on me and you
When you put your arms around me
You let me know there’s nothing in this world I can’t do
そうさ、太陽の光を感じたい
僕と君の元に降り注ぐ
君が僕に腕を回した時
この世界で僕にできないことはないことを君は教えたのさ

[Verse 2] I used to run in circles going nowhere fast
I’d take, uh, one step forward and two steps back
Couldn’t walk a straight line even if I wanted to
I want to love somebody
Love somebody like you
Whoa! here we go now!
よく円を走り回っていたよ
1歩進んで2歩さがりたい
歩きたくてもまっすぐに歩けなかったんだ
誰かを愛したい
君のような人を愛したい
さあ行くぞ

[Hook] [Verse 3] Sometimes it’s hard for me to understand
But you’re teaching me to be a better man
I don’t want to take this life for granted like I used to do, no, no
I want to love somebody
Love somebody like you
時々理解するのが難しいのさ
でも君は僕にいい男になってほしいから教えているんだろ
昔思っていたみたいに人生を当たり前のように思いたくないんだ
誰かを愛したい
君のような人を愛したい

I’m ready to love somebody
Love somebody like you. Ooh
And I want to love somebody
Love somebody like you, yeah
Oh yeah
僕は誰かを愛する準備はできている
君のような人を愛する準備がね
だから誰かを愛したい
君のような人を愛したい

[Guitar Solo + Banjo Solo] [Outro] Oh, I want to be the man in the middle of the night
Shining like its true
I want to be the man that you run to whenever I call on you
When everything that loved someone finally found its way
Want to be a better man
I see it in you yeah
僕は夜中に輝く男になりたいんだ
真実が輝くようにね
どこにいても君の元へ向かえるような男になりたい
より良い男になりたいんだ
君の中に見つけたんだ

“Somebody Like You” Keith Urban歌詞和訳ポイント

forgive

許す

sunshine

太陽の光

take something for granted

~を当たり前のように思う。よく使われるのが”Don’t take it for granted”で「当たり前に思わないで」です。

“Somebody Like You” Keith Urban曲解説

キース・アーバンはオーストラリア出身のカントリー歌手です。まさのカントリーソングの王道という曲ですよね。気持ちがいいメロディと彼の歌声がマッチしています。

この曲のナレーターが愛している女性はスーパーモデルのニキ・テイラーという噂があります。彼らは2004年には局しました。

スポンサーリンク