フランク・オーシャン歌詞和訳『Thinkin Bout You』

1392853723_frank_ocean_86

スポンサーリンク

“Thinkin Bout You” Frank Ocean

[Verse 1] A tornado flew around my room before you came
Excuse the mess it made, it usually doesn’t rain
In Southern California, much like Arizona
My eyes don’t shed tears, but boy they pour when…
君が来る前にトルネードが僕の部屋で吹き荒れたんだ
汚れていてるの許してくれよ、普段は雨なんて降らないんだ
南カリフォルニアにはさ
雨が降らないアリゾナみたいに、僕の目は涙は流さないんだ、でも涙が流れるときもあるんだ

[Pre-Chorus] I’m thinking ‘bout you (Ooh no, no, no)
I’ve been thinking ‘bout you (You know, know, know)
I’ve been thinking ‘bout you
Do you think about me still? Do ya, do ya?
君のことを考えてるときにはさ
君のことをずっと考えているんだ
君のことをずっと考えているんだ
君はまだ僕のことを想っているかい?

[Chorus] Or do you not think so far ahead
Cause I been thinking bout forever, ooh
Or do you not think so far ahead
Cause I been thinking ‘bout forever, ooh
君はずっと先のことまで考えていないのかい
僕が永遠に君といることを考えているから
君はずっと先のことまで考えていないのかい
僕が永遠に君といることを考えているから

[Verse 2] No, I don’t like you, I just thought you were cool enough to kick it
Got a beach house I could sell you in Idaho, since you think
I don’t love you I just thought you were cute, that’s why I kissed you
Got a fighter jet, I don’t get to fly it though I’m lying down
いや、君のことは好きじゃないさ、ただ一緒に時間を過ごすには十分な人かと思っただけ
君に売るアイダホのビーチハウスを手に入れたさ
君が僕は君を愛していないと思うからさ、僕はただ君は可愛いなと思っただけ、だからキスしたんだ
戦闘機も手に入れた、使う必要ないみたいだけど、僕は寝っ転がっているのさ

[Pre-Chorus] I’m thinking ‘bout you (Ooh no, no, no)
I’ve been thinking ‘bout you (You know, know, know)
I’ve been thinking ‘bout you
Do you think about me still? Do ya, do ya?
君のことを考えてるときにはさ
君のことをずっと考えているんだ
君のことをずっと考えているんだ
君はまだ僕のことを想っているかい?

[Chorus] Or do you not think so far ahead
Cause I been thinking bout forever, ooh
Or do you not think so far ahead
Cause I been thinking ‘bout forever, ooh
君はずっと先のことまで考えていないのかい
僕が永遠に君といることを考えているから
君はずっと先のことまで考えていないのかい
僕が永遠に君といることを考えているから

[Bridge] Yes of course I remember, how could I forget how you feel?
You know you were my first time, a new feel
It will never get old, not in my soul, not in my spirit, keep it alive
We’ll go down this road ‘til it turns from color to black and white
もちろん覚えてるさ、どうやったら君の気持ちを忘れることができる?
君は僕の初めての相手だったと知ってるだろ、新しい気持ちさ
それは決して老いることはないし、僕の魂の中にもない、ただ生き続けるのさ
僕たちはこの道を降りていくのさ、色が黒から白になるまでね

[Chorus] Or do you not think so far ahead
Cause I been thinking bout forever, ooh
Or do you not think so far ahead
Cause I been thinking ‘bout forever, ooh
君はずっと先のことまで考えていないのかい
僕が永遠に君といることを考えているから
君はずっと先のことまで考えていないのかい
僕が永遠に君といることを考えているから

“Thinkin Bout You” Frank Ocean歌詞和訳ポイント

shed

血、涙を流す

kick it

遊ぶ、共に過ごす。他にも「映画等を観てリラックスして過ごす」といった意味もあります

“Thinkin Bout You” Frank Ocean曲解説

フランク・オーシャンはアメリカのR&Bシンガーです。2013年にはグラミー賞を受賞しています。

A tornado flew around my room before you came
ナレーターの男はジョークを言っていますね。部屋が散らかっている、まるでトルネードが去ったあとみたいに。

Excuse the mess it made, it usually doesn’t rain
In Southern California,
カリフォルニアは雨が降らない場所です。”Excuse the mess”は部屋の散らかり具合を許してくれと言っていると意味を取ることもできますが、ナレーターの男の頭の中の散らかり具合、混乱していることを許してくれと言っていると取ることもできます。ある人との関係、もしくは何らかの経験について考えているのかもしれません。

much like Arizona
My eyes don’t shed tears, but boy they pour when…
カリフォルニアは歌でよく出てきますが、アリゾナのことを言及する歌はほとんどないと思います。アリゾナも雨が降りません。彼の目(=アリゾナ)からはめったに涙(=雨)が流れないということです。

I’m thinking ‘bout you (Ooh no, no, no)
I’ve been thinking ‘bout you (You know, know, know)
I’ve been thinking ‘bout you
Do you think about me still? Do ya, do ya?
しかしナレーターは人物を想う時には涙を流します。ナレーターは自分自身に問いかけているように見えますね。もし彼が思い続けている人物が彼を愛していなかったら?その人物は前に進むことができましたがナレーターはできません。

ナレーターは別れて時間がたったにもかかわらず、未だに過去の相手のことを想い続けているのです。

Or do you not think so far ahead
Cause I been thinking bout forever, ooh
Or do you not think so far ahead
Cause I been thinking ‘bout forever, ooh
ナレーターはその人物こそが生涯を共に過ごす相手だと考えています。そして彼らは同じ思いを持っているのか、それともその関係は一時のものなのかと疑問に思っています。

No, I don’t like you, I just thought you were cool enough to kick it
少し皮肉的な部分ですよね。ナレーターは彼が想い続けている相手に拒絶された後、自分の顔に泥を塗らないようにしています。ただ相手の容姿に惹かれただけだと言っています。

Got a beach house I could sell you in Idaho,
ナレーターの男は実際にアイダホにビーチハウスを買っていません。アイダホにはビーチがありませんから。

ここはナレーターが想い続ける相手が彼の愛に気付かないのなら、ビーチがないアイダホでビーチハウスを買うほど馬鹿だと言っているのです。

since you think
I don’t love you I just thought you were cute, that’s why I kissed you
皮肉的な部分が続きますね。本当に容姿に少し惹かれただけで、全然愛していなかったと述べています。しかし実際にはその相手を愛しすぎています。相手に拒絶されたことが深くナレーターを傷つけたのでしょう。

Got a fighter jet, I don’t get to fly it though
もちろん戦闘機なんて買っていません。ここはナレーターが相手に言ったことは嘘だったということを意味しています。愛してくれない人を愛すことは使うことが許可されない戦闘機を持つようなものだと暗喩しています。

I’m lying down
ここの”lying”は寝転がっているという意味の他に、このパート全体に見られる嘘も示しています。

You know you were my first time, a new feel
It will never get old, not in my soul, not in my spirit, keep it alive
ここでの”first time”は初めて本当に人を愛した気持ちを意味しています。

ここで注目したいのが”a new feel”です。もしかしたらフランクは男性同士の恋愛を描いているのかもしれません。ナレーターの男が恋をする相手は男なのです。ナレーターの男にとっては初めて同性を好きになったのでしょう。

We’ll go down this road ‘til it turns from color to black and white
色が変わることは様々な事を意味しますね。
・一緒に年を取っていく(黒髪が白髪に変わる)
・昔の映画みたいになるまで一緒に過ごす(カラー映画が白黒映画に変わる)
・ゲイの人が同性間の結婚の権利を求めている。虹色の旗はゲイのプライドの象徴として使われています。またゲイ同士の結婚の際には新郎、新婦が黒と白の服を着るのが一般的です。

またフランクは過去に同性に恋した経験があることを述べています。

スポンサーリンク